クレジットカード現金化を行うときに注意すべき点とは?還元率を意識してお得に利用しよう!

- クレジットカード現金化の現実

クレジットカードと現金

クレジットカード現金化の現実

どのような方法であれば現金に還元できるのか・・・、こちらについて知らないため、上手く現金に還元することができない人もいますが、これでは還元率の低い還元を繰り返してしまうので注意してください。

クレジットカードの現金化で重要となるのは、現金にすることではなく、限り無く黒に近いグレーに手を出しているという現実です。今回は、そんな限り無く黒に近いグレーと言われている理由について検証していこうと思いますので、良ければ参考にしてください。

どのような業者が信用できるか知っておこう

クレジットカードの現金化を行う際ですが、限り無く黒に近いグレーに手を出しているという自覚を持ったほうが良いです。

そのため、「現金になればなんでも良い・・・」という考えだけは持たないようにしましょう。実際に、このような人物ほど業者に狙われやすく、現金に関する話を持ってくる業者のことを悪徳業者というのです。

悪徳業者ばかりが現金に関する話を持ってくるわけではありませんが、どこからともなく自分がお金に困っている・・・、このようなことを知っている人物、企業というのは異常だと思ったほうが良いでしょう。

ちなみに、どのような手口で騙そうとするのかというと、例えば、「融資が可能なのですが、カードのショッピング枠を使用して現金を得る必要がある」といった、一般の人にはわかりづらい内容のものが圧倒的に多いです。ですが、このような業者とは連絡を取らないほうが良いでしょう。

というのも、使途がハッキリしていないカードの利用に対して、カード会社はカードの利用停止を行うといった対応を取るからです。そもそも良くわからない業者と手を組んでお金を得るというのは正常な行為ではありません。

将来的に、カードのショッピング枠、キャッシング枠が無くなってしまったとしてもおかしくありませんし、悪徳業者とも連絡が途絶えてしまうでしょう。なので、信用できない業者とは連絡を取らないのが理想なのです。

このような現金の還元に関する現実を知っていると、メール、ダイレクトメールなどの誘惑にも強くなります。

また、このような悪徳業者と手を組んでしまうと、同系列の業者にもその情報が送られてしまい、「騙しやすい相手」として登録されることもあるのです。これでは、どの業者を通じて現金の還元を行ったとしても、カードのショッピング枠を現金にできないでしょう。

還元率、換金率が重要

クレジットカード現金化に関する現実の中には、シビアな還元率に関する情報も含まれます。

還元率は50~60%が多いと思っているようであれば、すでに騙されている可能性が高いです。というのも、ブランド品、切手、金券に関しては70~95%の還元率となっているからです。

また、還元率、換金率の違いですが、業者によって使い分けているだけなので、大きな違いはありません。金券の場合は換金率が良く使われているのですが、還元率と大きな違いは無いのです。

それと、「カードのキャッシング枠も現金になります」というのは嘘の情報です。カードそのものを騙し取る詐欺を行っている悪徳業者もいるので、このような連絡が入った時は、業者との連絡をストップしたほうが良いでしょう。

ショッピング枠は現金へ還元できる方法が多く存在し、今では、個人的にショッピング枠を現金に還元することも難しくありません。というのも、オークションサイト、メルカリのようなフリマアプリを使用するだけでも、商品の販売が可能となっているからです。

メルカリなどを利用すると個人情報の登録、そして手数料もかかってしまいますが、ものによっては還元率が80%を超えるので、それほど損をすることは無いでしょう。